今年のドラフトの大注目の田中正義

が、今年に入って調子を落としている

 

今回の故障の報道で自チームのドラフト戦略を見直すチームもあるだろう

 

魅力はたっぷりだが、リスクは避けたい

また競合した際のリスクもある

 

一貫したドラフト戦略を行っているのは、日本ハムだ

その年のNo.1の選手を1位指名するというのが基本線だ

このため、菅野や長野など入団拒否の例もある

一方、ダルビッシュ・大谷など成功例も多い

日ハムは独自のドラフト用の評価システムを持っているが、

この田中選手をどのように評価しているのだろう?

 

この春リーグは捨て、秋リーグに備えるのが

田中選手の野球人生には良いのかもしれない