白昼の更新

2017/11/11

ここ数日バタバタして、疲れて寝てばかりいましたが、やっと日常が戻ってきました。

IS01で真昼の更新します。

今日は午後からの仕事なので午前はひさびさにミキサーレコーダーをpcに繋いで遊びました。

ああ、音は、いいなあ。

写真は渋谷ヒカリエ。背が高すぎです。

この間の『空から日本を見てみよう』渋谷特集は面白かったです。

変わり続ける街だと実感しました。

駅員観察の主要ステージである玉川改札、名前の由来がわかりました。

駅員さんも微妙に変わりゆくのかしら、でもいくらデパートが来ても、ここは西武線の駅じゃないので西武の駅員さんは来ませんよね、ここまでは・・・・・

はっ あなたは・・・西武の車掌さん・・・・!

・・・寝過ごした車掌がうっかり副都心線にいたら面白い、かも。

非常勤の仕事で

来た人になんらかの技術を提供する仕事は

人が来ないと・・・・himaですね。

他に何かすることもできないし・・・

いうわけで、自分のパソコンを持っていったりしてます。

雇われている側が気にすることでもありませんが

組織に貢献をしてないことで心苦しい・・・・

予約が入ってないならわたし休みます・・・・

なんて 思ってましたが

でも

どうも いろんな人の話を聞くと

そういうことは よくある話のようで

患者さん来ないから読書してるよ

患者さん来ないからネットしてるよ

心理職にはよくあること

なのかな?

組織としても 仕事があろうとなかろうと 決まった時間に ずっといてくれる方が いろいろ いいのでしょう

問題があるとすれば

そういう雇われ方をする側の こころのもちよう

自分の勉強ができてお金もらえてラッキー♪

っていうふうに

考え方を変える必要が ありそうです

つづく?